2020年04月20日

母の日のお知らせ

いつもDolce vitaをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

5月10日 母の日のご注文に関してのお知らせです。

今年の母の日は新型コロナウイルスの影響で

ご自宅で過ごされる方も多く、配達の受注も多くなると思われます。

当日の配達に限りが出てくるため

今年は少し早めの母の日を贈りませんか

 

母の日当日は混雑が予想されます。

出来る限りご予約でのご注文をお願い致します。

 

皆さまにはご不便おかけしますが、

ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

 

 

Dolce vita スタッフ一同

 

2020年04月19日

いまできること

きのうの雨から一転、今日はとてもいいお天気です。

日向では暑いくらいです。

お花へ、水やりしがいのある季節になってきました。

 

お店の前の美術館通りも、歩いてでかけている方々をよくみかけます。

 

このところお店に立っていて、

自宅に飾る花をとご来店されるお客様が、とても多いように感じます。

 

気分にあった切花を数本選んだり、

花壇に植える花苗を選んだり、

多肉の寄せ植え作ろうと思うと、多肉植物を吟味されていく方がいたり。

 

お家で過ごす時間も増え、自宅になにをむかえいれようかなぁ、と

ゆっくりと植物をみて回られている印象です。

 

先のみえない状況の中、

心穏やかに過ごせる時間だったり、空間だったりを、

少しでもご提供、共有できたら、花屋として幸いな事だと思います。

 

 

 

進藤

 

 

 

2020年04月08日

ぽかぽかな春

 

車で走っているとあちらこちらで桜が咲いているのを見かけます。

 

先日、山梨の有名なお寺に初めて行きました。

一番下の門をくぐって少し行くと周りに宿坊があり、あたりは桜の木がたくさんありました。

通りにも桜の木がありほぼ満開でした。

本堂に行くと有名な枝垂桜がありました。

とても大きく存在感があり、枝の先が地面に着くくらい垂れて桜は満開でした。

とても美しく目を惹かれました。

ぼーっと見ているとやわらかい風が吹き、その瞬間桜の花びらが舞って雅だなと思いました。

 

3月は卒業や退職、異動など沢山のお花のご注文を頂きました。

贈る方の想いをお花に込めて、一つひとつ丁寧にお作りしました。

一生に一度しかないその日。

華やかに迎える事が出来たでしょうか。

 

 

 

 

新年度が始まります。

新たなスタートにお花を飾りませんか。

 

 

長田

2020年04月05日

春の思い出

桜が咲いてきて、春らしさが一気にやってきましたね。

お店の桜もだいぶ咲いてきました。

毎日少しずつ開花が進んでいます。

桜を見るのは好きですか、近づきすぎるとくしゃみが止まらなくなるので、遠くから楽しんでいます。

桜が咲く時期になると、みなさんは何を思い出しますか。

私は卒業式と海岸沿いでのバーベキューを思い出します。

桜の下でクラスの集合写真を撮り終えた後、教室に戻ると、担任の先生がピアノをひき歌を歌ってくれました。

泣きながら歌っているので、生徒全員も涙がこぼれました。

私を含め、クラス女子が目をはらすほど、泣きました。

心に残る卒業式でした。

 

ちょうど4年前まだ学生の頃、アルバイト先でのメンバーでお花見バーベキューを行いました。

桜が咲いてる時期のはずなのに2分咲きくらいで、潮風が冷たく凍える寒さでした。

普段関わりがない方とも交流ができ、さらにチームワーク力が高まったと思います。

無邪気に遊び楽しんでた頃を懐かしく思います。

 

お店では、退職祝いや送別会用でのご注文をたくさん頂きました。

定年退職や部署移動で今の職場を離れ新たな人生を歩まれる方、

ご入学祝いや社会に入られる方の元にお花が届くと思うと嬉しくなります。

お花は贈る人、受け取る人を幸せな気持ちにしてくれるので、とてもいい贈り物だと私は思います。

広瀬

2020年03月23日

切花のお話

 

 

 

最近、暖かく過ごしやすい日が続きますね。

アウターを羽織っていると少し汗ばむくらいの陽気です。

春の訪れを感じられます。

 

切り花において、春の訪れが感じられるころには、春の花の入荷が終わりに近づきます。

自分は春の花が入荷するシーズンが1番好きです。

 

春の花が好きなポイント

①ふんわりとした可憐な花弁をもつ花が多い

②茎の曲線美

③品のある香りをもつ花が多い

④色彩が豊か

春の花は魅力的な要素が多いです。

しかし、可憐で美しいが故に儚い命であったり、扱いが難しい花もあります。

それらのマイナス要素も自分には魅力的に感じられます。

 

ふんわりとした花弁をもつ花は、ブーケやアレンジメントを作成する際、気を使うことも多いです。

お花とお花の高低差をつけないとお花が潰れてしまって、せっかくのふんわり感がなくなってしまいます。

また、茎がやわらかい花が多いのでやさしく扱わないとなりません。

これらをクリアして装飾出来た時は、このシーズンにしか味わえない喜びがあります。

そして、お客様に満足してもらえた時は喜びは計り知れません。

 

残りわずかな春の花のシーズン、お部屋に春の香りと可憐な姿の花たちを装飾して、日々の生活に彩りを取り入れてはいかがでしょうか。

 

宿澤