2018年10月26日

秋の野菜シリーズ

朝晩の冷え込みが感じるようになってきたこの季節。
そろそろ布団から出るのがつらくなってきた今日この頃です。

秋本番。
行楽シーズンですね。
そろそろ紅葉狩りも行ってみたいし、今月末にはハロウィンも。
ハイジの村も園内はハロウィン一色になっています。

今年の飾りつけのジャンボカボチャの一部は自社農園ハイジの野菜畑で栽培しましたよ。

生産者のスタッフMさんによると初めて栽培してみたけど上出来との太鼓判。
すでに来年度に向けても意気込みが感じられました。

さて秋といえば色々な秋がありますが。
スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋。
私はもっぱら食欲一番です。

秋の代表的な野菜といえばやはりカボチャ、サツマイモ。
などなどが思いつきますが、ハイジの野菜畑では珍しい野菜も新たに仲間入り。


小松菜は小松菜でも紫小松菜。
ほうれん草はほうれん草でも赤軸ほうれん草。
大根は大根でも紅芯大根。

赤シリーズの野菜たちです。
ポリフェノールたっぷりで栄養素もいっぱい。
サラダなどのいろどりにもいいですね。

只今、桔梗信玄餅工場テーマパーク内のグリーンアウトレット売店の人気野菜となっております。

今晩の食卓はちょっと珍しいお野菜でもいかがでしょう。

きった

2018年10月23日

お花を身近に

 

 

日中はぽかぽかといいお天気でも

夕方になると雨がポツポツ。

なんてお天気が最近多い気がします。

 

 

しかしそんな日にしか見られない景色を

写真に収めることができました。

 

 

 

 

改めて、自然って素敵だなぁと

感じた瞬間でした。

 

 

 

 

さて、少し話が変わりますが、

2ヶ月程前に友人から連絡が来ました。

 

「両親の結婚記念日にお花を贈りたい」

と。

 

ご両親はカーネーションがお好きなようで

友人はピンク色のカーネーションを選びました。

 

そして、一輪挿しの花瓶を装飾して

世界に一つだけの花瓶を作り

お花と一緒に贈ったそうです。

 

 

 

後日、とても喜んでくれたと

連絡が来ました。

 

それ以来、

お花が終わってしまう度に

新しいお花を買いに来てくれています。

 

 

また、別の友人もDolce vitaの

インスタグラムを見て

「お花を見に行きたい」

と、連絡をくれました。

 

 

なんでもない日でもお花を飾りたいと

少しでもお花を身近に感じてくれていることが

とても嬉しかったです。

 

 

 

 

だんだんと涼しくなっていますので

お出掛けの際は

あたたかい服装でお来し下さい。

 

 

 

 

坂本

2018年10月21日

秋晴れの結婚式

今日は秋晴れの気持ちの良い日です

秋は比較的お天気が安定していて

結婚式をするのに人気の高い季節だそうです

 

ハイジの村 ハイジズフラワーガーデンの

結婚式はもちろん

ブライダルブーケのご注文も沢山いただいております

 

本日も一組のカップルのお花もお作りさせていただきました

ブライダルブーケ

ブトニア

 

 

とてもお花が好きな新婦様で

お話させて頂いた時

その気持ちが伝わってきて嬉しくなるほどでした

 

ウェルカムリース

 

ウェルカムボード

 

 

仕上げたお花を見ていただき

本当に可愛いです

ありがとうございます

と 可愛らしい笑顔でおっしゃってくれて

とても喜ばしく思いました

 

受付装花

フォトフレーム

贈呈用花束

 

 

いつまでも仲良く温かなご家庭を築いて下さい

末永くお幸せに

 

KON

 

 

 

2018年10月17日

秋といえば

 

日中も過ごしやすい日が多く、空気も澄んできました。

近くの県立美術館の銀杏並木も、黄色く色づいてきています。

今年の猛暑の疲れを引きずっていたので、

外にいるのが気持ちいいな。秋っていいな。と、改めてかんじています。

秋のお庭の主役、ダリア 黒蝶

 

そう。

秋のお花といえば、ダリアですよね。

 

9月半ばごろから、常時4~8種類のダリアが店内に並んでいます。

よく入荷される品種から、ワンシーズンに一度しか会えない品種もあったりします。

 

 

16センチの大輪

純愛の君

 

幻想的なパープル

ムーンストーン

 

眺めているだけで優しい気持ちになれそうな

桜貝

などなどなど

 

主役級の華やかさを持ちながら、野趣味も感じられるダリア。

花色も、豊富です。

ぜひお気に入りのダリアを見つけてみてくださいね。

 

進藤

 

 

 

 

2018年09月29日

思い出のお店

 

 

最近は雨の影響で

10月中旬並みに肌寒い日だなあ。と思ったら、

カラッと晴れて汗をかいてしまう日もあり

着るものに毎朝悩まされています。

 

それでも以前よりは

過ごしやすくなりましたね。

 

題名の「思い出のお店」というのは

私の。ではなく「お客様の思い出のお店」という意味です。

 

少しそのことについ話させてください。

 

数日前に一人のお若い女性の方が

お店を訪ねて来られました。

 

何かをお探しでしたので、

お声を掛けしたところ。

「今度の結婚式で贈答用に渡す品物を

探してて。」と

どこか不安気な様子でした。

お話を聞くととても迷われているのが

よくわかりました。

 

そうですよね、結婚式で使用するもの。

それに加えて、贈答用となるとなかなか決められません。

 

私も一緒に悩んで

お客様の思いも大切にしながら、

提案を出させていただきました。

 

悩んだ末にお品物も決まり、

当日作成したものを

お客様のもとにお届けに行きました。

 

気に入っていただけるかな。

なんてドキドキしながら

車を走らせて。

早くお客様にお渡ししたかったのですが、

もちろん安全運転です。

 

 

ピンポーンッと鳴らす前に

勢い良くドアが開き、

素敵な笑顔で「待ってました」と。

私は勢いよく開いたドアに驚いてなのか、

その嬉しい言葉になのか

今となってはわかりませんが、

その時になってもドキドキが止まりませんでした。

 

そしてお品物をお渡しした時に、

「明日結婚式をする私たちですが、

ここのお店は私たちの思い出のお店なんです。」

 

「だからぜひ結婚式の時も

お願いしたいねって話しをしてて」

 

その言葉を聞いたときに

誰かの大切な思い出になれる花屋って

良いなぁ~と心がじんわりしました。

 

お客様の幸せな時間に

携われることも全て嬉しかったです。

 

結婚式当日は絵に描いたような快晴で、

素敵な笑顔のお2人が目に浮かびます。

 

末永くお幸せに。

 

 

次はどんな方のどんな思い出に

携わることができるのか楽しみです。

 

石原