2019年08月11日

ご先祖様を O・MO・TE・NA・SHI

 

13日からお盆入りですね

今年のお盆は「ご先祖様を O MO TE NA SHI 」をテーマに掲げ

ドルチェ・ヴィータでも連日準備をしています。

 

お盆に欠かせないお花には

菊をはじめユリ りんどう ホオズキ 蓮などがありますが、

飾るならご先祖様が好きだったお花を飾ってあげたい

そんな想いを持ったお客様が、本日もたくさんご来店されています。

お盆はご先祖様をお迎えして一緒に過ごせる期間です

お仏壇に好きだったお花を飾って故人を偲びながら、

ゆっくりと過ごしましょう。

高野

 

 

 

 

 

 

 

2019年08月02日

花本来の美しさ

 

 

先日、ホテルのエントランス装飾を施行しました。

ホテルエントランス装飾は、そのホテルの質とレベルを計る装飾だと思います。

有名ホテルともなると、その装飾だけを見にホテルに訪れるお客様もいらっしゃるそうです。

 

今回、私達は花本来の美しさを魅せる装飾をテーマとしました。

 

 

花器は透明なシリンダーを使い茎の美しさも演出します。

1つの花器に活ける花の種類を最小限にすることにより、それぞれの花の個性が引き立ちます。

 

 

簡単な装飾に見えますが、花の向きや活けこむ長さ、そして配置が難しいです。

そのバランスが崩れると花本来の美しさを引き出すことが出来ません。

 

装飾のデザインはスタッフ全員でアイディアを出して完成したものです。

皆で力を合わせて1つの作品を作り上げる。

本当に楽しいことです。そして、発想力及び技術の向上にも繋がります。

 

今回の装飾をホテルのお客様に見て楽しんでいただき、さらにはホテルの売り上げ向上のお手伝いになればと考えております。

 

宿澤

 

 

 

2019年07月29日

南国気分

 

梅雨がもう少しで明けそうですね。

夏らしい暑さになってきました。

雲の隙間から見える、青々とした空が清々しく感じます。

 

お店の中の鉢ディスプレイが、南国のような雰囲気になりました。

 

 

 

 

 

アンスリウムやクロトン、コーヒーの木など南国の観葉植物が入荷しています。

 

 

アンスリウムは、赤、ピンク、白、緑など様々な色があり

ハート型に見える部分が葉で、中心から伸びている部分が花の本体です。

初めて見た時は、造花かと思いました。

見た目があまり、好きにはなれませんでしたが先輩スタッフが

アレンジメントや花束に使用しているのを見て、かっこよくなりますし、

個性的な雰囲気になるんだなと感じました。

 

仕事をしていて、ふと中の鉢を見ると一際目立つ観葉植物があります。

 

 

 

 

クロトンは、葉が黄色やオレンジ、赤など、とてもカラフルです。

葉の形が恐竜の足跡に見えるのは、私だけでしょうか。

 

 

ドルチェヴィータでは、大きいものから小さい観葉植物を取り扱っております。

ご自宅やお店で、南国気分に浸ってみませんか。

 

 

長田

2019年07月22日

スイスの花祭り

毎日雨続きですね。

甲府はさすがの盆地。湿気がすごいです。

 

きのうはイベントのため、朝から北杜市のハイジの村にお手伝いにいってきました。

開園前のハイジの村にお邪魔させてもらいましたが、

空気も澄んでて、ひと気もなく静かだし、心地良い風がふいてて、

天国みたいだな、と思いました。

 

アジサイもまだまだ見頃でしたよ。

鮮やかな青がでるのは、高原ならではでしょうか。

 

さて、ハイジの村では、スイスの花祭りが行われました。

小学生以下の親子が対象の、お花を身近に感じてもらうイベントです。

季節のお花と、ハイジの村で収穫されたラベンダーを使って、

花冠とブーケをみんなでつくりました。

 

 

思いおもいにつくった花冠とブーケを身につけて、記念撮影です。

上手下手とかなく、純粋に楽しんでくれたことがこちらも嬉しかったです。

天使がたくさんです。

 

お花の名前をひとつでも覚えてくれてたら、嬉しいです。

また来年、スイスの花祭りで会えるのを楽しみにしています。

 

 

進藤

2019年07月10日

惹かれた花

 

天気がコロコロ変わるため、

なかなか予想通りの天気にはなりません。

 

富士山にかかる雲をみて

今日は雨なのかな、

そんな推理を毎朝しています。

 

未だに当たった覚えはありません。

自慢げに言うことでは

ありませんでしたね。

 

と、こんな他愛もない話を

スタッフとすることが多いのですが、

 

その時ふと、いつも一緒に働いている

スタッフの好きなお花ってなんだろう。と

気になってしまいましたので

ちょっとここで記録に残させてください。

 

いつも一緒にいて

同じお花を見ているのですが、

それでも人によって惹かれるお花は

違うようです。面白い。

 

 

 

【 アーティーチョーク 】

”他ならぬ存在感が良い。”とスタッフ

気迫のあるビジュアルに見とれてしまいます。

 

 

【 スプレーバラ オリエンタルエクレール 】

こちらのスタッフはコロンとした可愛いお花。

通常のエクレールとは違いふんわりフォルムで

キュートさ倍増ですね。

 

全員には聞けなくて

少し心残りはありますが、

その続きはまた機会があったら

ブログに残したいと思います。

 

自分の選んだお花の話をしてる時の

その人の顔はどこか楽しげでした。

 

お店に足を運んでくださる

お客様のお花を選んでいる姿は

洋服を選んでいる姿と似ているな、と

思うことがあります。

 

”自分の部屋にはどんな花が似合うのだろう。”とか

”家にあるあのお花には何を合わせたらいいだろう。”とか

”今から夏だし季節感の出るお花が欲しい。”とか

 

こんな風に洋服同様、

自分に合うもの、季節感のあるものを

探しに来られる方も多いのですが、

 

洋服とは決定的に違うところは、

 

まだまだ身近ではない

 

ということ。

 

なくても大丈夫。から

あったら素敵だね。

という声が沢山聞こえてくるように。

 

お花が皆様にとって、

何者にも代えがたい存在と

なることが出来ますように。

 

これからも

お花の魅力を発信していきます。

 

 

石原