2020年04月05日

春の思い出

桜が咲いてきて、春らしさが一気にやってきましたね。

お店の桜もだいぶ咲いてきました。

毎日少しずつ開花が進んでいます。

桜を見るのは好きですか、近づきすぎるとくしゃみが止まらなくなるので、遠くから楽しんでいます。

桜が咲く時期になると、みなさんは何を思い出しますか。

私は卒業式と海岸沿いでのバーベキューを思い出します。

桜の下でクラスの集合写真を撮り終えた後、教室に戻ると、担任の先生がピアノをひき歌を歌ってくれました。

泣きながら歌っているので、生徒全員も涙がこぼれました。

私を含め、クラス女子が目をはらすほど、泣きました。

心に残る卒業式でした。

 

ちょうど4年前まだ学生の頃、アルバイト先でのメンバーでお花見バーベキューを行いました。

桜が咲いてる時期のはずなのに2分咲きくらいで、潮風が冷たく凍える寒さでした。

普段関わりがない方とも交流ができ、さらにチームワーク力が高まったと思います。

無邪気に遊び楽しんでた頃を懐かしく思います。

 

お店では、退職祝いや送別会用でのご注文をたくさん頂きました。

定年退職や部署移動で今の職場を離れ新たな人生を歩まれる方、

ご入学祝いや社会に入られる方の元にお花が届くと思うと嬉しくなります。

お花は贈る人、受け取る人を幸せな気持ちにしてくれるので、とてもいい贈り物だと私は思います。

広瀬

2020年03月23日

切花のお話

 

 

 

最近、暖かく過ごしやすい日が続きますね。

アウターを羽織っていると少し汗ばむくらいの陽気です。

春の訪れを感じられます。

 

切り花において、春の訪れが感じられるころには、春の花の入荷が終わりに近づきます。

自分は春の花が入荷するシーズンが1番好きです。

 

春の花が好きなポイント

①ふんわりとした可憐な花弁をもつ花が多い

②茎の曲線美

③品のある香りをもつ花が多い

④色彩が豊か

春の花は魅力的な要素が多いです。

しかし、可憐で美しいが故に儚い命であったり、扱いが難しい花もあります。

それらのマイナス要素も自分には魅力的に感じられます。

 

ふんわりとした花弁をもつ花は、ブーケやアレンジメントを作成する際、気を使うことも多いです。

お花とお花の高低差をつけないとお花が潰れてしまって、せっかくのふんわり感がなくなってしまいます。

また、茎がやわらかい花が多いのでやさしく扱わないとなりません。

これらをクリアして装飾出来た時は、このシーズンにしか味わえない喜びがあります。

そして、お客様に満足してもらえた時は喜びは計り知れません。

 

残りわずかな春の花のシーズン、お部屋に春の香りと可憐な姿の花たちを装飾して、日々の生活に彩りを取り入れてはいかがでしょうか。

 

宿澤

 

2020年03月15日

きのうのこと

 

 

きのうは雨模様のホワイトデーでした。

甲府も 朝から冷たい雨でしたが、たくさんのお客様がいらしてくれました。

 

私はバックスペースでお彼岸用の仏花をもくもくと作り続けていた一日だったのですが、

きのうの営業終了後のスタッフの達成感をみていたら、

賑やかなホワイトデーになったんだろうなぁと想像ができました。

 

お花を贈る男性、素敵です。

照れながらでも、キザでも、なんでもいいです。

お花を贈ろうって思える気持ちが素敵です。

 

さて、3月は卒業シーズンでもありますね。

今年はどうしてもコロナウイルスの影響があり、

しかもまだまだ終息がみえずにいますが、

同級生や先輩、先生や会社の上司、

お世話になった方々への感謝の気持ちに、彩りを添えるお手伝いができることを嬉しくおもいます。

 

お家で過ごす時間が増えた方もいらっしゃると思います。

季節の草花やインドアグリーンを取り入れてみるのもおすすめです。

自分の部屋に帰ったら植物があるって、思ってる以上に幸せです。

 

話は戻りますが、

今年のホワイトデーのメイン商品。

担当のスタッフが考案しました。

 

すっきりした、大人のホワイトデーという印象でした。

お花を贈る男性、素敵ですね。

 

それでは、体調に気を付けてお過ごしください。

 

 

進藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年03月15日

ミモザ

 

年が明けてから、暖かい日が続いています。

春が近づいているのが感じられます。

お店にもチューリップ、ラナンキュラス、スイトピーなど色とりどりでとても華やかなお花が並びます。

花束を束ねるのが楽しみに感じ、心が躍ります。

 

そしてこの時期に入荷するのが、黄色くポンポンとした愛らしいお花のミモザです。

3月8日はミモザの日でした。この日は、国連が決めた国際女性デーだそうです。

イタリアでは、この日に男性が日頃の感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚などに

ミモザを贈るそうです。

 

 

写真はミモザのスワッグです。

スワッグはドライフラワーやドライになるお花で作ります。

リビングや寝室など、くつろげる空間に飾るとおしゃれな雰囲気になります。

小さいものは、花瓶に入れて飾っても可愛らしいと思います。

他にも、ミモザを使ったリースやハーバリウムなどを作りました。

光が通過した時のハーバリウムの幻想的な雰囲気は素敵です。

 

ミモザのリースを購入された方がいらっしゃいました。

プレゼントでお渡しするものを探されており、スタッフが勧めてくださいました。

いいね、かわいいとおっしゃていて気に入ったご様子でした。

 

今回初めてリースを作りました。

どんなものがいいかとても悩み、先輩スタッフからアドバイスを頂きながら作成しました。

丸くするのが難しく少しいびつではありましたが、気に入って頂けてとても嬉しかったです。

贈られた方も喜んで頂けたらいいなと思いました。

 

多くの方に喜んで頂けるよう、技術を磨いていきたいです。

 

長田

 

 

 

 

2020年03月09日

HAPPY WEDDING~spring

 

 

昨日は朝から雨が降りとても冷え込んだ1日でした

ところによると雪が降った地域もあったようです。

昨日の天気から一転

今日は春の陽気に戻り、とても温かい1日になりました。

 

7日に2件の婚礼を執り行いました。

新型コロナウイルスの影響で一時は延期になる可能性もあると

心配されましたが、

無事執り行うことが出来ました。

 

一組目の新郎新婦様は

新婦様がナチュラルが好みなので、

季節のお花を取り入れて小花とグリーンを何種類も使った

「お花畑」をイメージしました。

ふんわりした雰囲気が新郎新婦様にとても似合っており

心が和むような会場になりました

また、ゲストテーブルの席札は新婦様の手作りで、

一つひとつ丁寧に作られていました。

最近ではウェディングで使うアイテムをお2人で作るなど

オシャレで可愛いウェディングが増えています。

とても温かいゲストテーブルで素敵でした。

 

二組目は

新婦様がハッキリしたお色味が好みで

黄色とオレンジのビタミンカラーでお作りしました

会場がとても明るく華やかでした。

高砂席

ゲストテーブル

サプライズの花束は

職場の看護師長さんへ

日頃の感謝を込めて贈りたいと新婦様からのご注文です。

私だったら嬉しさのあまり泣いてしまいそうです。

トスブーケ

 

お2人が歩むこれからの未来に

たくさんの笑顔が溢れる日々を送れますように

末永くお幸せに

 

高野