Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑

甘い記憶の中には、すべてそこには花がいる。 contact...✉info@koi87.com

ハイジの村のリース作り

  • 2015年11月17日
ハイジ3
リース


今日はドルチェヴィータスタッフと、
ハイジの村のスタッフ7名
が入れ替わり立ち代わりでリース作りをしました。


植栽の男性陣がたくさん集めてくれた、
どんぐりやまつぼっくりにツルウメモドキや
バラの実など。

素材は溢れるほどありました。
あと必要なのは作る楽しい時間と、想像力のみ。


みんな初めて作るというのに
私も深さんも驚くほど、
素敵なリースがあっという間に出来上がりました。



ハイジ7
ハイジ1


帰り際、深さんと立ち寄ったロッテンマイヤーズカフェには
こんな風に飾ってありました。
なんだか、リースがかけてあるだけで
雰囲気がとっても素敵になりました。

受付にもさっそく飾ってありますよ。

グリーン


今日作った素材の中には
まだ生の葉物などがはいっているので
徐々に色があせたり水分が抜けて、見た目が一回り小さくなります。

でも、そんなときは
またその時村内にある素材を飾り付ければ
いいのです。


クリスマスに向けて、
素敵な準備が始まりました。



kei





自然素材で作るリース

  • 2015年10月26日
フレッシュリースアップ


今日はfukaちゃん、たけちゃんと合流し、
市場でたくさん魅力的な素材を見つけることが出来たので、
帰ってきてからドライにもなる大き目のリースをつくりました。

直径40センチのリース。
色をおさえて、秋の木漏れ日が似合うような
ゆるりとした優しい雰囲気しました。

自然や植物の色のグラデーションは、
なんて素敵なんだろう。


***

リースに絡めた茶緑の実は
“ヘクソカズラ”。

知っている人なら「えっ」と驚く、
山梨だとどこでもみかける一般的に雑草と言われるもの。
いろんなところに絡まるのでよく私も、
雑草として引っこ抜いたものです。


そんな雑草が都内のおしゃれなカフェだと
切り花やドライとして素敵に飾ってあります。

フレッシュリース


ヘクソカズラの花言葉は
“意外性のある”

忌み嫌われる雑草としてのヘクソカズラ。
艶々としたその実は、
近づいてよくよくみてみると緑色の水晶のようです。

“花”
として大切に扱われていない
いわゆる雑草というものでも魅力的な素材に
なりうるんだなということをあらためて私に教えてくれました。



たくさんのコニファーや草花、
自然植物に囲まれたハイジの村は
わたしにとってまさに宝の山。

一日いたらリース何種類作れるだろう。


まずはどんぐりを拾いにいかなくては。




kei

花が咲いた後に、野菜になる。

サラダ2


あー夏バテかなー。

あの小物も、あんなものも作りたいなーと
思いながら、
でも忙しいときは一旦休憩。


母につねづね、
手芸や手作りするものは
「急ごうと思ってつくっちゃだめだよー」
とアドバイスをもらいます。



***

そんな忙しい夏でも変わらずやってくるのは、
食事の時間。


野菜も取りたいんだけれど、
生野菜をばりばり食べるのはのどを通らないわー
胃が受け止めきれないわ―

ってときはこまかく刻んだ野菜をあえてあるサラダが、
食べやすくておすすめです。


グリーンアウトレットで
新鮮で美味しい野菜を買ったら、
作ってほしいひと品です。



野菜を全て細かく切って
ツナとかハムとかカニカマとか
味のあるものを投入して、

しおーぱらぱらー
こしょうーぱらー
さとう少々ー

して味が決まったら
マヨネーズ少し。



スナップエンドウも軽く茹でるか、チンして
半分に割りサラダの上にのせるだけでなんだか
素敵に。



***
本当にばててたら、
グルメマルシェでおいしいお惣菜を買います。

花と実と、葉っぱ。

  • 2015年08月02日
インテリア


出勤前にテレビをみていたら、
ハイジの村にkinki kidsのお二人と、
森山良子さんが映っているではありませんかー。
いいなー生でみたかったなー。

とミーハーな私。

**

そんな今日も手作りてづくり。

スワッグとは
壁飾りのことを意味するそうです。


玄関や室内に飾ることで
ナチュラルで優しい雰囲気がふわ~っと広がります。


自分の好きな大きさで、
形も自由に作れます。
ブーケと同じような感覚で、
好きなお花を、好きなだけ。


必要なものはドライフラワーと
まとめる紐だけなので、
リースより気軽に作れます。
あ、あと掃除機は必須です。

出来上がった後、
充実感と達成感、そして多少の粉々になったドライフラワーの
かけらたちが残りますので
あしからず。


忙しいなかの心のリフレッシュをしたい
というかたにもおすすめです。




スワッグ5


お好きなドライフラワーを、
重ねて麻ひもやリボンで結ぶだけなのに
自分好みの飾りが30分もかからず作れちゃいます。



花束をさかさまにした形状なので、
センターテーブルにポンと置いて、
飾ることもできます。


*****



購入したお花を、ご自宅で吊るして
楽しめば夏に生のお花を買うのも楽しみになりますね。


ドライに向いてないと一般的にいわれるものでも、
とりあえず吊るしてみるとなんだかいい雰囲気を醸し出したりします。

自分の直感で、
今しか出回ってない好きな花や実、葉っぱを
吊るしてみるのも今だけの楽しみです。

年追うごとに

アロマ


こんな暑い日でも花の楽しみはいっぱいあって、

今お庭で咲いているお花や
お花屋さんでみつけた可愛い花を吊るしてドライフラワーにしてみると
「あれ?こんな姿になるの?」
といった新しい発見もあってどんどん楽しみが広がります。


今日はそんな一年中楽しめるドライフラワーと
いつも使っているリースの土台を使用して、

壁にかけるリースとしても使えて、
キャンドルやアロマディフューザーと
一緒に飾れる小物を作ります。


花材


自分のイメージに合うドライフラワーを準備します。

私は色目の落ち着いたシャビーシックなものを
作りたかったので、

それぞれがあまり主張しない
かすみ草やあざみなどの
優しい色の花を準備しました。

つる


2つのリースの土台を用意して、


アロマ3


好きな順番に、ドライフラワーをグル―ガンで土台にくっつけていきます。
大きめの花からつけていき、
小花を後からつけていくとより立体的なリースになります。


1土台


仕上げに2つ用意した、
もうひとつのリースをほぐして、まわりに優しく巻きつけて
ワイヤーで固定するだけ。


なんて簡単だけど、
つるを巻きつけることでよりナチュラルで
素敵な雰囲気になりますよ。


ドライフラワーなので、
いずれ、
より色が抜けていきまた違った印象になっていきます。


年追うごとに変化する、
そんな楽しみもあるドライフラワーのリースです。

憧れをかたちに

  • 2015年07月30日
ブーケ30
Dolce vita

今朝、岡島百貨店で開催されている
書家である金澤翔子さんの作品展を見に行きました。


しばらく展示会場を進み歩いていくと
書の隣に、


「競争社会の影響を受けてこなかった翔子の
 魂の純度からくる書は
 テクニックなどではなく、魂のありようなのだと思い至っている」


と、母である泰子さんの言葉が記されていました。



*****

昨晩はドルチェヴィータスタッフの
みんなとごはんを食べにいきました。


私は新しくピカピカなものより、
使い古されているけれど輝いているものに魅力を感じます。


「ドルチェヴィータ」というお花屋さんで、
自分の部屋よりも長く過ごすかもしれない空間を
より自分たちの「好き」な空間にしよう。


そうするには何が必要かな?


スタッフそれぞれが魅力を感じるものを、
自分たちの手でひとつづつかたちにしていくことにしました。


小さな飾りでも、

「あの時あれを仕入れたね。」
ではなく
「あの時、はじめてみんなであれ作ったよね。」

と思い出せるような
それぞれの想いのある空間に。

それこそ、

“上手に”

ではなく

“自分の心が震えるほど素敵に”。


私より上手な人は、星の数ほどいるけれど
自分の心が震えるものを作る人はどれだけいるだろう。
そんな人に出会えたらそれは最高に幸せ。

パープル



ドルチェヴィータには私の心を震わせる
笑顔が可愛いスタッフが4人もいます。
心の純度がとっても高いんだなと感じます。


お客様に渡す花束はとっても素敵に、
自分で作りたい方にはそのサポートをしよう。
ブログでも小物や飾り物、庭についてなど
作り方や工程、伝えていきたいと思っています。



自分の手でいろんなものをいちから作り出す楽しみを
知っている私たちだからこそ出来るお手伝いが
お店やブログでも
あるのではないかなと思っています。


ゆっくり、ゆっくり。
それぞれの持っている、
自分たちの“憧れ“と“好き”をこれからたくさん見つけていきたいと思います。

宝石のような、はちみつとまと。

はちとま2

今朝、母からレシピを教えてもらい
はちみつトマトの瓶詰めを仕込みました。
やっぱり手作りは楽しいなー。


このはちみつトマトは
母に去年の今頃、朝食で出してもらい
美味しくて感激したものです。

使用するのはグリーンアウトレットで販売している、
カラフルミックスプチトマトとはちみつのみです。

そのままでも樹上完熟で充分甘いのですが、
蜂蜜に一晩漬けることでちいさななお子さんにも
毎日食べたいって言われるくらい癖のない
果物のような一品になります。


ハイジの野菜畑で作られた野菜の、
特に玉ねぎとトマトはグリーンアウトレットで
買ってきてーとよく頼まれます。


玉ねぎのスライスは癖で、
辛味を抜くために水にさらしてから食べていたのですが

「あの玉ねぎ甘いから、水にさらさなくてそのまま食べられるよ」

と教えてもらい食べてみたら
まったく辛みがなく、甘くて美味しいんです。


どんどん暑くなるこの季節。
夏バテしないように美味しい野菜を
たっぷり食べて夏を乗り切りたいものです。

*******

◇明日が待ちどおしくなる蜂蜜トマトレシピ◇

熱湯にくぐらせて消毒した保存瓶に、

①トマトをザルで水洗いしながらヘタを取ります。

②ヘタの部分に一か所包丁で切れ込みをいれます。
  (湯剥きがしやすくなるように)

③沸騰したお湯に10秒ほどトマトをさっとくぐらせて
→冷水にとると、皮がつるんとブドウのように剥けます。

④トマトを保存瓶に入れ、プチトマト30個に対し
 はちみつ大さじ3いれて完成です。


あとは冷蔵庫で、一晩寝かせてからのお楽しみ。

さきほど、2時間経って待ちきれず味見してみたら、
冷たくて、甘くて震え上がるほどおいしかったー。
明日が楽しみ。

はちとま3

作ったそばから、トマトの美味しそうなエキスがでてきます。

はちみつとまと


暑くて、バタバタと忙しい夏。
手作りする楽しい時間と、
大切な家族へ一粒の休息をとってほしいときにおススメです。


Instagram

instagramID dolcevita0129

花はいずれ枯れてしまうものだけど、
気持ちを受け取ってもらえるなら、
思い出としていつまでも
その花を思い出すことができる。

そんな思いを胸に、
山梨より花の魅力を発信しております。


花屋さんの花にはとどまらず、
時を存分に楽しむ世界観を、
皆様にご提案いたします。

住所
〒400-0065 

山梨県甲府市貢川
1-5-63

TEL 055-227-5187  
MAIL info@koi87.com


●交通アクセス
最寄りの駅:JR中央線 
甲府駅からバスで15分

最寄りのIC:中央高速
甲府昭和ICから10分 約2.8Km

営業時間:9:00~19:00
定休日:元日をのぞき年中無休

記事検索
ギャラリー
  • 路地の夏野菜
  • 路地の夏野菜
  • 花のなかでのんびりと
  • 花のなかでのんびりと
  • 花のなかでのんびりと
  • 花のなかでのんびりと
リンク

桔梗屋  ハイジの村

ハイジの野菜畑  マリエ・フローラル

森の中の水族館  フルーツ王国

水琴茶堂  ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ  黒蜜庵

ポモドーロ  イタリアントマトクラブ

権六  HEIDI'SGARDEN

Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑