Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑

甘い記憶の中には、すべてそこには花がいる。 contact...✉info@koi87.com

アールグレイという名前の花

  • 2016年03月30日
image
ドルチェヴィータ店内

ドルチェヴィータでは、花だけではなく花にまつわる小物も販売しています。

***

昔、フランスへ短期留学したときのこと。
お世話になったホストファミリーのお母さんにはパリの花屋さんでバラのブーケ、同い年で花粉症のルイーズにはバラのオーデコロンを贈りました。


学校帰りに見つけたそのお店は、“パリのお花屋さんパリのフローリスト”という本に載っていた憧れのお花屋さん。日本で穴が空くほど見ていたAu nom de la roseというバラ専門店でした。
Au nom de la rose=バラの名のもとで、というお店の名前の通りバラだけを販売しているお店です。

マダムが笑顔で手渡してくれたブーケとオーデコロンをいれた紙袋には、たくさんのバラの花びらと一輪のバラがはいっていました。

白い包み紙にくるまれたバラが陽に反射して眩しいほど綺麗で、家につくまでの帰り道素敵な演出に感動しながら何枚も写真を撮りました。


そんな気持ちを私もブーケや写真でも贈れる作り手になっていきたいなと、あの時の気持ちを思い出しあらためておもいました。

ということで、花粉症のかたにはブーケもいいけれど小物や雑貨もおすすめですよ。ルイーズも笑いながら、“そう私花粉症だからね”とよろこんでくれました。


image
Heidi's village wedding

image
森のブーケ

image

今日出会ったおしゃれな雰囲気のダリア。写真よりも、すこしくすんでいてサーモンともピンクともいえない絶妙な色味。


image

ラークスパーの“アールグレイ”という品種。
青や水色、白、ピンクなどはよく見かけますが、このアールグレイは淡い紫のアンティークカラーの花が咲くとか。庭に植えて花を咲かせるまでどんな姿なんだろうと今から楽しみです。

河口湖のハイジズガーデンも、いよいよ4月の半ばにはガーデニングシーズンが突入します。
霜がおりる心配がなくなるまで少し待って今年も素敵なガーデンになっていくように、素敵な品種をたくさんアンテナを張ってみつけていこうと思います。

ふと気づいたときに

  • 2016年03月24日
ショップカード
限定ショップカード

今年の母の日は、5月8日。
ショップカードも母の日限定で、
ほんのりピンク色を準備しました。

通常のショップカードは右側のホワイト、
左側が母の日限定です。


肝心のほんのりピンクの部分が光ってて、
通常のものと差が分かりにくいですが
本当に絶妙なほんのりなので、気が付いてもらえたら嬉しいです。

1
釈迦堂パーキングエリア上り

秋植えのパンジーギャザリング。

日に日に暖かくなってきたので、釈迦堂パーキングエリア上りと
談合坂サービスエリア上りの花たちがどんな様子かなと立ち寄ってみると

やっとあったかくなってきたんだよーと言っているかのように、
穏やかな陽射しの中綺麗に咲いていました。



ショップカードでも、
寄せ植えでもブーケでも

あら、こんなところにこんなものが
とか
こんなことしてくれていたんだなー
とかいった優しさや気遣いは

人が作っているからできること。


そんなことを少し頭と心の片隅に置きながら、
いろんなものと接していきたいなと思います。












アンティークウエディング

  • 2016年03月20日
_MG_7574
花かんむりとブートニア


ハイジの村の大自然に触れると、
アンティークで新芽のような優しい色合いの花や小花を
花嫁様に合わせたいなぁと思っていました。

その中でずっと叶えたかった、
ウエディングのアンティーク小物だけを揃えるウエディング。


海外のウエディングのような雰囲気の
アンティークドレスに、ブーケやヘッドドレス。

ぴかぴかでキラキラなものよりも、
自然に溶け込む優しい雰囲気の手作り小物を。


仙台の素敵な作家さんと一緒に
ドルチェヴィータスタッフと
これからラインナップをじょじょに増やしていく予定です。


もちろんご希望のオーダーメイドも
いままでと変わらず受け付けています。

アンティークラインのウエディング小物。
月ごとに新しいアイテムを揃えていきますので、
お楽しみに。

お彼岸中もおしゃれな観葉植物たくさん

  • 2016年03月19日

image
ふたごブーケ
スタッフがつくっていた、
優しい色合いのコロンとしたブーケ2つ。
あまりに可愛くて撮影。

ここ最近は、お彼岸、卒園式、送別会、舞台の観劇などの春のイベントに加え、
いよいよ暖かい日が続いたのでお部屋に飾る
観葉植物が人気です。


image
グリーンディスプレイ

ここの空間は、グリーンたっぷり。
この中に小さな多肉植物達がひっそり隠れています。

ディスプレイしてくれたスタッフと、
体を右や左に移動して視点を変えてみると〝あっ、ここにこんな植物がいたんだ〟という発見が出来る面白いディスプレイになっていました。

image


こんなかんじでかがんでみると、アゲラタムの葉の向こう側に、なにやら可愛らしい植物達がいろいろみえてきます。

image
赤つるのリース

リースは、生花をドライフラワーにしたもの、木の実などの自然素材だけでつくりました。
時間が経つにつれて色の変化を楽しめます。
これから季節ごとに旬のお花をドライにしてつくっていこうと、今日も花を春風にあてながら準備中です。

母の日のご用意はお早めに

  • 2016年03月18日
image
母の日のイメージブーケ

今日は春の彼岸入り。
気候も暖かく、なんだかひっきりなしに来店されるお客様がみなさんいつもより一層穏やかな笑顔に見えた一日でした。

明日卒園式ということもあり、ドルチェヴィータは一日中おかげさまで大忙し。

この花が園児のみんなの手に渡るとおもうと、作る気持ちも自然と優しくなります。


image


春の山場真最中の今日、ふと見上げると綺麗ないろのドライフラワー。ラナンキュラスのドライフラワーです。

繊細で、ドライフラワーなのに透明感があってこれまた魅力的。
ドライフラワーにすると風合いが変わり、生花とはまた違った魅力がうまれます。

つるしているだけでもおしゃれ。


実はこのドライフラワー
ドルチェヴィータの隠れ人気商品。

お部屋の壁につるすだけで、
ナチュラルで簡単素敵なインテリアになるのでおすすめです。

私は何を飾ろうかな、
楽しみがまた増えました。

大移動計画

  • 2016年03月16日
気が付けば3月も半ばを過ぎ、暖かな春の気候に。
と思いきや、ここ数日は不安定な気温。
まさにこの時期、三寒四温とはよく言ったものです。
体調管理には十分気を付けたいと思います。

さて先日、明野プラントに新たに加わった作目。
桃「ひめこなつ」。
それも、ハウス桃としての栽培です。

明野プラントのハウス内入り口部分の約700㎡もの場所が、新たに畑として生まれ変わりました。
IMG_3393


ここに桃の苗木を植栽するわけですが、みなさんもご存じ。
桃栗三年柿八年。
ただ小さい1年生苗木を植え付けただけではある程度になるまで約3年過ぎ。

そんなに待てない。そこで思いついた裏ワザ。
現在すでに笛吹ファームに植栽されている桃の木の大木の大移動。
IMG_3406

IMG_3409


ハイジの村から重機運転のスペシャリストも呼んで掘り起こしました。
さすが約4年生の木。大きいです。

軽トラックいっぱい。明野までのロングドライブです。
 
現地についてからもハイジの野菜畑スタッフみんなのチームワークで
何とか夕方までには移植作業も終了。
IMG_3411

IMG_3415


最後に達成感に浸っていたのは私だけでしょうか。

来年の今頃には一面ピンク色に染まった桃の花がお届けできることを願って。

きった

心が動くような花だけを

  • 2016年03月14日
5
ラナンキュラス
いよいよ春の花の香りが
店内いっぱいに感じられる季節になってきました。

上の写真はラナンキュラス。
花もちがよく、一輪で飾るのにもおすすめの春のお花です。
自宅に飾っているラナンキュラスも、気づけば二週間も元気に咲いています。


4

明日も、市場で仕入れた素敵でたまらない花が満載です。
こんな絶妙な色合いのチューリップや、

2

矢車草の甘いピンク色。

山梨では、青色の矢車草を道端でたくさんみかけます。
そのいろはそのいろで、
目を奪われるほど綺麗なもので大好きな花です。

お庭や花畑がたくさん存在する山梨だからこそ、
ドルチェヴィータでは苗で見かけない珍しい切り花も
こだわりの苗も揃えていきたいとおもっています。

今まで見たこともないこの花たちは、
どんな素敵なブーケに姿を変えたり、だれかの気持ちをわくわくさせるのだろうと
私も楽しみです。

3


名前買いしてしまった
原種デージー“アルムの空”

ハイジっぽくて可愛いくて。
ちいさくても青空だけをまっすぐみつめているような
健気で凛とした姿に一目惚れ。

暖かくなったらクララ館の小道に植えて、
ふと足元を見たらこのうすピンクのかわいいデージーに
気づいてもらえるといいなと計画しています。

1


明日もこだわりの珍しいグリーンや、
繊細でかわいい小花もたっぷり入荷予定です。

幸せな一日

  • 2016年03月13日
白蓮や梅の花が咲き、
沈丁花が香る季節になりました。

新郎新婦様やご家族の方はこの香りがしたら
毎年、昨日のことを思い出されるのかもしれませんね。

写真だけですが、昨日のドルチェヴィータの
花仕事を少しご紹介しますね。

3月12日のハイジの村での結婚式、

そして、お届けのウエディングブーケです。

kai
Heidi's village wedding

`bou



ご結婚おめでとうございます。
関わる全ての方にこれからも、
星の数ほどの幸せが降りそそぎますように。

チューリップのドライフラワー

  • 2016年03月08日
ooook4


桃の小枝を使ってリースを編みました。
土台も自然素材だと、
雰囲気のあるリースがだれでも簡単に作れます。


今回はドライフラワーになっても、
色や形が残りやすいお花だけを使いました。
特に大きなピンク色の花は、
チューリップのドライフラワー。


ハイジの村に毎年咲くあのチューリップも、
ドライフラワーにしたら形もしっかり残って凄く可愛いのです。

今年は、新品種のチューリップがたくさん植わっているので、
どの品種がより素敵なドライフラワーになるか実験してみたいと思います。


リースや、フラワーアロマワックスバーも
チューリップでつくったらかわいいだろうな。

チューリップのドライフラワーで一輪挿し飾りなども
シンプルでとてもおしゃれです。



ok


このリースをドアに飾ったら、
素敵なことが扉の向こうで待っているような

そして、いつかみた絵本に出てきたリースのイメージで
つくりました。



kei



Instagram

instagramID dolcevita0129


春のイベントもりだくさん

  • 2016年03月06日
hana3


春は花屋の真骨頂を発揮できる季節でもあります。


それ故に関わるイベントも盛りだくさん。

春のお彼岸に、
大切な結婚式や桔梗屋本社での工場祭り。

今年はゴールデンウィークの大型連休からすぐに、
母の日になります。



だからこそ、
ひとつひとつにこだわりをもって
楽しみながら取り組んでいこうとみんなで話しています。



色合いを大切に、
春も優しい気持ちが花に宿りますように。

******

気づけば母の日もあっという間にやってきます。
今年のドルチェヴィータはおかげさまでなんだか
いつもよりさらに混み合いそうです。

県外配送も承っておりますので、
いまからの早めのご予約をおすすめしています。

今年の母の日は
優しい色合いの優しいおかあさんのイメージです。

通年、ドルチェヴィータのテーマは、
アンティーク、そしてシャビーな色合いですが
今年はさらにそういった世界観いっぱいにする予定です。



お電話でのご予約は→055-227-5187
メールでのお問い合わせは→info@koi87.com

5月8日の日曜日。
今年もお世話になった方に
感謝の気持ちを伝えましょう。


Instagram

instagramID dolcevita0129




Instagram

instagramID dolcevita0129

花はいずれ枯れてしまうものだけど、
気持ちを受け取ってもらえるなら、
思い出としていつまでも
その花を思い出すことができる。

そんな思いを胸に、
山梨より花の魅力を発信しております。


花屋さんの花にはとどまらず、
時を存分に楽しむ世界観を、
皆様にご提案いたします。

住所
〒400-0065 

山梨県甲府市貢川
1-5-63

TEL 055-227-5187  
MAIL info@koi87.com


●交通アクセス
最寄りの駅:JR中央線 
甲府駅からバスで15分

最寄りのIC:中央高速
甲府昭和ICから10分 約2.8Km

営業時間:9:00~19:00
定休日:元日をのぞき年中無休

記事検索
ギャラリー
  • イースター
  • イースター
  • イースター
  • イースター
  • イースター
  • ブライダルブーケ
リンク

桔梗屋  ハイジの村

ハイジの野菜畑  マリエ・フローラル

森の中の水族館  フルーツ王国

水琴茶堂  ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ  黒蜜庵

ポモドーロ  イタリアントマトクラブ

権六  HEIDI'SGARDEN

Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑