Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑

甘い記憶の中には、すべてそこには花がいる。 contact...✉info@koi87.com

ふと見た手元に

  • 2015年11月27日
写真 1

ドルチェヴィータでは、
山梨県立美術館内にあるレストラン
“Art archives (アートアーカイブス)”の卓上の花飾りを担当しています。


来年の1月17日まで展示されている
“花の画家 ルドゥーテのバラ”展にあわせて
1輪挿しのバラや、週末には今日ご紹介するバラのブーケなど
主役をバラにして毎週かわるがわる飾っています。

美術館での素敵な時間を過ごされた方が、
テーブルの上のバラに気づいたとき、
微笑みたくなるような幸せな時間がありますように。


写真 2



ひとつのブーケをとってみても
お店にある同じ品種のバラを使っても、
出来上がる花の雰囲気、色合いの組み合わせは人それぞれ。

自分の好みの組み合わせってそうそう変わるものではありません。
現に先日のハイジの村のリース作りでも、

深さんの作るガーランドやリースみては
「なにそのテクニック!素敵」

初めて作るスタッフのリースみても
「はじめてでそのクオリティつくっちゃうのね」

「それに比べて私はまた似たようなの作って・・」
という驚きが多くて刺激的でした。

今までの自分の中にはなかった組み合わせが勉強になり、
次への創作意欲が湧きます。


1人で何かを作ったり、
誰かに教えてもらったりするのももちろん大好きだけれど、
みんなでなにかを作るのってやっぱり楽しいですよね。

そんな機会をお客様に提供すると同時に
またちょくちょくスタッフ間でも
もうけていきたいなと思っています。

何かを手作りするって最高に楽しいです。


写真 4


週末も美術館とドルチェヴィータ。

やっと出会えた花

  • 2015年11月27日
写真 3

私が花屋さんで働き始めて、
一番初めに好きなったバラ
“ミミエデン”

写真 4

ラナンキュラスのモロッコシリーズ。

やっと仕入れることのできた珍しい品種。

たぶん山梨の花屋さんでこの花置いてあるの
ドルチェヴィータだけかもしれないな。
そのくらい希少な全国で大人気のラナンキュラスです。

写真 1
こちらもラナンキュラス。
ラックスシリーズの“アルテミス”
一重の花びらが、蝋でコーティングしているかのようにピカピカ。

rana
通常、ラナンキュラスと言えばこんなまんまるの形が一般的。

写真 2 (1)

全貌は写真では見えていませんが、
左の植物はなんだろなー。
一目見て掴んだら離せなくなりました。

グリーンなのか実なのか、なんなのか果てしなく謎です。
明日入荷したら名前も解明されるでしょう。
たのしみ、たのしみ。

写真 3 (1)

スカビオサ“アプリコット”

吐く息も白く、グッと寒さが増してきた今朝の市場。
でもその空気が冷たくなればなるほどに、
着実に春にも近づいている証拠。

春を心待ちにしながら、
今しか作れないものをいっぱいつくろう。

今日はハイジの村で拾ってきた小枝とどんぐりで、
ナチュラルリースつくるとするかな。


kei

オータムブライダル

  • 2015年11月23日
ハイジの村では秋バラが咲き、もみじは紅葉し、姫リンゴもたくさん実になっています。

そんな素敵なロケーションの中
昨日も一組のご夫婦が誕生しました。
IMG_4721


新婦様の好みは優しいブルー系なので
透き通った白いバラをベースに
淡い紫やサムシングブルーでもおなじみの優しい水色で
会場を装飾させていただきました。
IMG_4718

IMG_4725


ご両親へお渡しする贈答のアレンジメントは
お母様のお好きなピンク色の装いで作成しました。
IMG_4713



また、本日も一宮のイタリアントマトクラブで
パーティー披露宴が執り行われました。

季節感を出したサーモンピンク系の高砂装花です。
IMG_5536 - コピー


たくさんの結婚式会場がある中
選んで頂いた新郎新婦様です。


その一日が素敵な日でありますよう
心からお祝いの気持ちを込めて
お作りさせていただきます。


末永くお幸せに。



Fuka

いろんなとこにドルチェヴィータ

  • 2015年11月21日
3

舞台上の装花

1

卓上花

今朝、洗濯物を干していて空を見上げると
澄み渡るような透明度の高い青い空でした。

もうすっかり秋ですね。
朝焼けも夕焼けも綺麗にみられる
私も大好きな季節です。


上の二枚の写真は、
19日に河口湖にあるハイジズガーデンでおこなわれた
桔梗信玄会での会場装花です。

ドルチェヴィータでは、
お店での花仕事だけではなく
結婚式でのお花、仏様へのお花、パーティー会場の装花
などをスタッフ一人一人の手でいちから作り上げています。


***


明日は結婚式。
新郎新婦様、
ご家族にご友人。

みなさん特別な思いをもちながら
今日という日を過ごすのでしょう。

ドルチェヴィータも同じです。
一生の記憶に刻まれるお二人の晴れの日、
心を込めて明日に向けて準備をしています。

4
6


そして、連休中もわぁっと嬉しくなるような
秋の素敵なお花たくさん入荷しています。

ドルチェヴィータのガーランド作り

  • 2015年11月18日
ガーランド


深さんとハイジの村へ。
自然素材のリースとガーランド作りに終日行ってきたので、
さっそく夕方お店へ帰り飾りつけしました。

リース3

ハイジの村で集めた松ぼっくりのガーランドや、

写真 1 (3)

色鮮やかな紫陽花のリースなど、


写真 4 (1)


お店入口のドアには、
三日月型のリ―ス。

リースが一つあるだけで
ここからなんだか素敵な物語が始まりそうな
雰囲気になりました。

写真 3 (1)

何もかもが可愛くて、さすがの一言。

店内のクリスマスグッズも、
わくわくするほど素敵にたくさん飾られていました。

写真 3 (2)


早速、ガラスの白いクリスマスツリー
大小を購入しちゃいました。
可愛いなー。


私のクリスマスもいよいよ始まりました。



kei

ハイジの村のリース作り

  • 2015年11月17日
ハイジ3
リース


今日はドルチェヴィータスタッフと、
ハイジの村のスタッフ7名
が入れ替わり立ち代わりでリース作りをしました。


植栽の男性陣がたくさん集めてくれた、
どんぐりやまつぼっくりにツルウメモドキや
バラの実など。

素材は溢れるほどありました。
あと必要なのは作る楽しい時間と、想像力のみ。


みんな初めて作るというのに
私も深さんも驚くほど、
素敵なリースがあっという間に出来上がりました。



ハイジ7
ハイジ1


帰り際、深さんと立ち寄ったロッテンマイヤーズカフェには
こんな風に飾ってありました。
なんだか、リースがかけてあるだけで
雰囲気がとっても素敵になりました。

受付にもさっそく飾ってありますよ。

グリーン


今日作った素材の中には
まだ生の葉物などがはいっているので
徐々に色があせたり水分が抜けて、見た目が一回り小さくなります。

でも、そんなときは
またその時村内にある素材を飾り付ければ
いいのです。


クリスマスに向けて、
素敵な準備が始まりました。



kei





一輪でも飾る

  • 2015年11月13日
最近、初めてトールペイントを体験しました。
マーガレットを描いたのですが、これがなかなか難しい。

写真


なんか花びらのバランスがおかしいなとみていると、
普段みている花びらの形の均等さに気づきます。

そんな最近の新たな気づきも覆すような花。

ou

アネモネ

アネモネの変わり咲です。
レタスをきれいな紙で綺麗にくるんだようなフォルム。

なんじゃこりゃと思うようなものに、
久しぶりに自然界で出会いました。

***

ドルチェビータでは花だけではなく、
多くの枝ものや葉物も販売しています。

po


秋らしい紅葉した枝や、
クリスマスに向けておすすめなシルバーの葉をした枝ものなど、

ry

パインゼラニウム

パインとは=松のことです。
少し指先でこすり合わせると爽やかな松の香りがします。

wr

レディプリマス

ローズミントの香り。
葉の縁取りが白っぽく
雪の降り始めのころのように葉に模様が入っています。

re


今日もドラマチックなバラあります。

hg


草花も綺麗です。

ds



花屋さんではじめてバイトで働き始めた10年前、
花を入れたらグリーンたっぷり入れてね~
とブーケを作るときによく先輩に言われたものです。

素敵な花にはグリーンを添えて。
一輪挿しにも、お気に入りのグリーンを
添えたらいつもよりぐぐっと雰囲気がよくなりますよ。

とは言いつつ、忙しさにかまけて
最近部屋に花を飾っていなかった私。

グリーンは常にベランダのアイビー調達して飾ったり、
ドライのリースは各所にあるけど
んーものたりない、いろどりが欲しい。

やっぱり生花もいいな。
色に力があって、パワーもらえます。

休日に家を綺麗にしてまた飾ろう。


kei

新そば祭り

  • 2015年11月13日
早いもので今年も残すところ2ヶ月を切り、世間では早くもクリスマスムードの雰囲気。
たしかに暦の上ではもう立冬に入りそろそろ冬支度といったこのごろです。

秋の美味しい味覚も終わりかな。と思いきや、この時期からが楽しめるメニューのひとつ。
新そば

今年もハイジの野菜畑、富士吉田農場では周りを山々に囲まれ、大自然豊かな広大な畑で
そばの栽培が行なわれました。
IMG_2574そば4

その作付の面積はなんと5ヘクタール。約5万㎡。
と言われてもなかなかピンとこない。
そこで、たとえるなら東京ドーム約1個分の広さです。

そんな畑で栽培されたそば。
種を播種してからしばらくすると白い花が咲き、辺り一面が真っ白のじゅうたんのよう。
しばらくは目で楽しみ、花が枯れてくると刈取りのサイン。
さすがに人力では広すぎるのでそこは大型コンバインの登場です。
IMG_2617

IMG_2610

まぁその速さといったら圧巻。
みるみるうちに刈り取られ、刈り取られ。
さらに、そばの実だけを袋に入れてくれる作業までこの1台で行なわれてしまいます。
おそるべし。コンバイン。

その後、刈り取られたそばは、乾燥、磨き、検査を入念に受けて仕上がりとなります。

待ちにまった今年の新そば祭り。
11月14日~12月13日。
明日からいよいよ始まります。
今年はハイジの野菜畑スタッフのみんなで食べに行く計画中。
これは是が非でも食べておかないと。

きった

きまぐれロージー

  • 2015年11月11日
はぼたん


見つけちゃいました。

出会うまでは植えまいと思っていた
春まで長い付き合いになるビオラに。

数々の可愛いビオラを市場で
横目にしながら、
自分の心が一番喜ぶものに出会いましたよ。

そして、やっとこさ私も自宅の寄せ植えを
夏仕様から冬を迎えるものに作り変えました。
一気にベランダが華やかにこの季節にふさわしい
雰囲気になりました。

旬のものは食べ物でも花でもいいものです。

ロージー

であったビオラは、
その名も

“きまぐれロージー”
名前もかっちりしていなくて私好み。

絵にすぐかけそうな模様が、
初めちょっと気持ち悪いかなー
とずっと見ているうちに
「あっ好きかも」と不思議な感覚に。

咲き始めは白い花色で、だんだん
濃い紫のようなローズ色になっていくのだとか。
うん、面白いな。


寄せ植え2


我が家はベランダガーデニングなので、
好きなものだけを自由に植えています。
きまぐれロージーをメインに、
きのむくままガーデニング。

形もびよ~んと
つるや、葉が伸びちゃっている方が
花が伸び伸びいきいきしていて好きです。

夏を乗り切った葉物たちも寄せ植えに入れて、
新たな素敵な苗と一緒に秋を迎えられました。


惚れ込んだ苗に出会えれば、
寄せ植えはすごく楽しくて、迷いが無く植えられるので簡単です。
花が咲く期間が長いビオラだからこそ、
大好きな品種を見つけたいですよね。

今日使ったお花は全てドルチェヴィータで販売しています。


***

そして、
恒例の明日入荷予定の花たちを
ずらーっと紹介します。

ロジ―

ビオラ “きまぐれロージー”

アスター

切り花 アスター

まあこ

鉢 ペペロミア“真亜子”
葉に透明感があり、キッチンの日の当たる場所などに
置いたら素敵です。

ダリア

ダリア

グリーン

鉢花 バラ“グリーンアイス”

ばら
ばら2


バラも変わり種揃ってます。

明日、朝日と水を浴びたビオラの様子を見るのが
なんとも楽しみ。
花を植えるとつぼみや花の成長を見ていると
変化が必ずあって
毎日窓を開けるのが楽しみになります。


一鉢に好きな花を詰め込んで、
きのままガーデニングおすすめです。


kei

冬のお花を

  • 2015年11月07日
一気に寒くなり、
厚手の上着が必要な季節になったかと思えば
ポカポカ陽気の、まるで春のような日も。


まさしくそのようなポカポカ陽気の日に
『談合坂パーキングエリア』の寄せ鉢の植え込みに
行ってきました。


とっても晴天で
植え込み日和でした



植えた苗は
葉ボタン、ビオラ、白妙菊 の3種類。

この3つは
冬も綺麗に咲いてくれる可愛いらしい苗です。

ビオラ、葉ボタンは
たくさんの色合いがあり、どれも違った魅力で
惚れ惚れしました。


そして完成した寄せ鉢がこちら!

IMG_8973




一つでも可愛い苗がいくつも組み合わさると
より一つ一つの良さが引きたち、
また新しい一面を見つけることができました。

IMG_3787



IMG_2465 - コピー




談合坂パーキングエリアに
いらっしゃったお客様も
植え替えた寄せ鉢を見て

綺麗だね と笑いかけてくださり、
その瞬間 心もポカポカです。



やっぱり
お花の力って凄いな と実感しました。



これからも
お花との出会いと
お花を通しての色んな方との出会いを
大切にしたいと思いました。


石原










Instagram

instagramID dolcevita0129

花はいずれ枯れてしまうものだけど、
気持ちを受け取ってもらえるなら、
思い出としていつまでも
その花を思い出すことができる。

そんな思いを胸に、
山梨より花の魅力を発信しております。


花屋さんの花にはとどまらず、
時を存分に楽しむ世界観を、
皆様にご提案いたします。

住所
〒400-0065 

山梨県甲府市貢川
1-5-63

TEL 055-227-5187  
MAIL info@koi87.com


●交通アクセス
最寄りの駅:JR中央線 
甲府駅からバスで15分

最寄りのIC:中央高速
甲府昭和ICから10分 約2.8Km

営業時間:9:00~19:00
定休日:元日をのぞき年中無休

記事検索
ギャラリー
  • お母さん、ありがとう。
  • お母さん、ありがとう。
  • いちご2017
  • いちご2017
  • いちご2017
  • いちご2017
リンク

桔梗屋  ハイジの村

ハイジの野菜畑  マリエ・フローラル

森の中の水族館  フルーツ王国

水琴茶堂  ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ  黒蜜庵

ポモドーロ  イタリアントマトクラブ

権六  HEIDI'SGARDEN

Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑