Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑

甘い記憶の中には、すべてそこには花がいる。 contact...✉info@koi87.com

今日という日

  • 2014年06月29日
リース



貝殻でつくられた夏のリース。


置きものとしても可愛い
アンティーク風の霧吹き。


観葉植物の葉っぱを艶つやにする
スプレーが、入荷し本日こっそり店頭にお目見えです。


しゃしん



ここ数日、ご予約いただいた花の写真たち。


今日という日、
自分が何をしていたかが丸わかりのボード。



それぞれが凄く素敵で、

その花を予約された方の
いろいろな想いが詰まっているんだなあと
と思うのと、


同時に、


ほんとは何よりも
一緒に働くスタッフが
めちゃめちゃおしゃれなの
作るな〜

というときめきで
鼻の奥がツーンとします。


、、、



ツーンとしてないで、
学ばなくては。



たけちゃん

竹野作 arrangement


本日も次から次へとお客様が来店してくださり、


花屋の夏は暇

という定説を打ち破る盛り上がり具合に、


『あれ?今、夏だよね?』

とスタッフたけちゃんに本気でたずねるほど。




この状況は当たり前のことではなく、
日々の積み重ねなのだと、
ご予約写真ボードを眺めながら思うのであります。



ふかちゃん

深澤作 wedding bouquet



優しくて、
綺麗。


プリザーブドバニー

  • 2014年06月24日
image



本日制作した、
プリザーブドフラワーの新作です。


バニーとバンビの背中に
花背負わせました。


うさちゃんの正面顔が、
予想外にキリッとしているのがミソ。



この
ぽてちん。
とした後ろ姿がかわいくてかわいくて。


image



以前から、
スタッフが作る花が素敵だから
何とかしてみなさんに
見ていただきたいな〜と思っていたのです。



そ、し、た、ら


上のボードが
本日出勤したら
新たに設置されている。

素敵すぎる。




その週に、
ご予約頂いた花達です。


来店されてご注文の際、
参考にしていただいたり

待ち時間に見ていただけたら
とおもいます。


image

手作りポプリ




今日、
『お母さんに赤ちゃんが生まれたから、
お花を作ってもらいたいです。』


と、中学生くらいの女の子2人が
来店されました。



もう私、
その時点で感激。

なんて素敵な注文なんでしょうか。

気合いはいりまくったのは
言うまでもない。




ps.毎日気合いだけは
はいってます。


夜空に浮かぶ天の川

image


『次のイベントなんだっけ?』
『七夕です。』


そうです。
そーなんです。


昨日

皆で大きな笹に、
短冊に願い事を書いて飾りました。





1年に1度のとびきりロマンチックな日。
ただ会うだけではなくて、
七夕っぽい花束を渡された日には、
嬉しいんだろうな〜


私のおすすめは、

星のかたちをしたお花『ブルースター』

星座にみえなくもない『かすみ草』

関係ないけど可愛い『サンダーソニア』

です。

image



ふとみたら、
素敵なコーナーが
設置されているではありませんか。




image



画像の右側にある
黄色のスプレーバラ。



透明感があって
たけさんいわく、
レモンスカッシュ!っていう
イメージの爽やかさ。

黄色のスプレーバラは
濃い色合いのものが多く、

いままでにない
繊細な色合いのこちらのバラ
名前なにかな〜と伝票を辿ってみると、、


『スプレーバラ 夢と感謝』




名前は夢と感謝です。
多分花屋さんで、
夢と感謝くださいと話しても
通じない位珍しい一品です。


七夕にはこんな星のように
輝く黄色のバラを
贈るのも素敵ですね。


image



庭に咲いていた紫陽花。

お水が大好きな花なので、
水中花にぴったりです。




もうすぐ七夕。

私も絶対喜んでもらえると
思うから、


〝七夕だから花あげる。〟


なんてことをしてみようかと
たくらんでいます。








ベリー色のブーケ

  • 2014年06月21日
ブライダルフェア用のブーケを、先日作成しました。

どんなお花をつかってどんなブーケを
つくろうかと悩みました。

しかし、そんな迷いも一瞬でなくなるくらいに
とある「実」に一目惚れ

その花材を使用しようと思ったのが
きっかけで、今回ベリー色のブーケが出来上がりました。
IMG_1730

とある「実」の名前は、ブラックベリーといいます。

開花期が5月下旬から6月で、 結実期は7月から8月上旬なのだそうです。


ブラックベリーをたくさん使用させていただきました。
なんとも贅沢、、
IMG_1729


そんなブラックベリーをふんだんに使用したブーケ
間近でみていただければ、ベリーな感じが
より一層伝わるかなぁ、とおもいます。

                           たけ



結婚記念日のお届け

  • 2014年06月18日
image



すごくおしゃれね。
と、

スタッフがつくったブーケを
まじまじとみながら、
昨日配達いたしました。


中央のバラは、
〝ラベンダーガーデン〟という
名前のバラです。
名前も素敵。



最近、
お店に記念日やサプライズプレゼントで
ご来店される男性が多く、


いいな〜
いやいや、
いいよね〜

くー。



なんてスタッフに絡みます。



その素敵な瞬間を
より素敵なものにするために


そのかたのすきな色

雰囲気

すきそうな花やエピソードなど、


どれかひとつでも
ヒントを教えていただけると
より個性のある
プレゼントになりますよ。



もちろんおまかせも承ります。

だって上の写真、
おまかせでこれだけ素敵なんですから。



私も欲しい。


初夏の鉢花

  • 2014年06月16日
ジニア


今日入荷したばかりの鉢花を紹介します。
上から、

赤い実がつやつやな“ヒペリカム”

カラフルなお花が夏らしい“ジニア”

じにひき



ディスプレイしても、
とにかく華やかで
目を惹きつける存在感。


ちょこ



そして、

こちらの“チョコペチュ”
ええ、可愛いんです。
すごく惹きつけられます。


私、今世紀最大のヒットです。
チョコレート色のペチュニア。


黒のペチュニアはここ数年出回ってますが、
“チョコペチュ”
として出回るのは今年初めてなんじゃないかなー?と、
本日スタッフやお客様と話してました。



こういったシックな色合いの花には、

初雪草など白い色合いが入るものを
あわせて寄せ植えすると

涼しげで夏らしい花壇になりますよ。


なつ



切り花も夏を感じさせるひまわりが
いろんな品種が続々と入荷しています。


サンリッチレモンやサンリッチマンゴー、
モネのひまわりなんて名前のひまわりもあるんですよ。
名前って大事ですね。
なるべく名前で覚えて呼んであげたいものです。


わいや



夏は雑貨と合わせてグリーンを飾ったり、


くつ



本格的な夏を迎える前に、
好きな観葉植物を見つけて
自分で寄せ植えしたり、

おうちのなかに
一本の葉物をちょこと飾るのも
素敵で楽しいですよ。




さて私はどの鉢を家へ迎え入れようか。



ハイジのブーケ

  • 2014年06月14日
正面_edited-1



ちいさいハイジが
愛する人をみつけたら、
こんなブーケを持ってほしい。

そんなブーケです。


スター



清潔感のある白が
手からこぼれおちるように、


アルムの森の風が
通り抜けるように
かろやかに


あじさい



庭から摘んだハッとするほど
青が美しい紫陽花を
そっと潜めて


よこ



横からみるとまた違った表情になります。
くるくる表情がかわる
天真爛漫なハイジのように。



...


てっ!
ぜんぜん変わってないじゃんけ。

撮る角度5度くらいしか
変わってませんね。



く。


***

上の写真は、
明日ハイジの村でおこなわれるブライダルフェア用の
ブーケです。


野に咲く小花とバラを中心に、

ハイジがルンルンと歩くたびに
花も嬉しくて
無邪気にゆらゆら揺れているような、
イメージでつくりました。



明日の未来の花嫁さまへ、
明日だけのための花。



写真は変化を見せられませんでしたが、
実際にブーケや挙式などの様子が間近にみていただけます。



ぜひ全方位からご覧下さいね。



使用した花材

・マトリカリア
・紫陽花
・ホワイトスター
・アルケミラモリス
・バラ
・サンダーソニア
・スカビオサ










初夏のブーケ

  • 2014年06月10日
image


今日はお花の稽古でした。
テーマはひまわりの初夏のブーケなのに、
ひまわりを使ってないという
我が道をいっちゃってる私。


でも師匠さんに褒めてもらえたから
よしとしよう。
うん、そうしよう。


今日作る花は、
今の自分をあらわすとも
教えてもらいました。


だから、
本日出勤はしていませんが、
今日のお花をご紹介。


image



縦に持つとまた違った表情に
なります。


どこの風景を切り取っても
ポストカードになるように。


image




image




自分がこつこつ費やした努力は、
誰にも奪えない。
簡単に手にしたものは、
簡単に手から離れていくのよ。

頭ではなく、自分のてのひらが
覚えるまでよくわからなくても

とにかくつづけること

by師匠



技術というよりも、
目配り、精神論を学んでいるような1日。



優しく、
目を奪って離せられなくなるような
花に力のある
誰かの記憶に残るような花をつくりたい。


と、
それはいつか
ではなく
いまも

そして、これからもずっと
ですね。


***
使用した今日の花材

バラ(ジュリア)
テッセン
紫陽花
シャクヤク

おとぎ話のつづきは・・・

  • 2014年06月09日
高砂しんぷさま_edited-1


もっとみたいという声に
お応えいたしまして、
童話の様な可愛さがテーマの会場装花のご紹介をば。



トップの写真は
新郎・新婦様が座る席のお花です。

真ん中にちらっと写っているのは、
鳥さんのつがい。


会場装花に鳥かごを使用しているので、
お二人の席にこっそり同席。


会場のお花は、
列席の皆様を迎えるものだけれど

花屋さんの立場からすると
お二人が座る側のお花は2人だけの大切な空間。
とびっきり素敵にしたいところ。



とりかご_edited-1



そして噂のバンビちゃんも
ちらり。


ばんびちゃん_edited-1


シャンパングラス_edited-1



新郎・新婦様のシャンパングラスにもお花を。
1番目につくところだから、
花嫁さまの好きなお花
マトリカリアをいれて。
童話のように赤いジューンベリーの実もくわえて。


卓上_edited-1



ゲストテーブルの卓上装花には
プルーン、りんご、すももなど
たくさんの実もので森のように。


キャンドルタワー_edited-1



キャンドルタワー。
きらきらひかるキャンドルの灯りと木陰で、
今日1日のお2人の物語を会場一杯に演出します。


レストルーム_edited-1



お手洗いにも
こだわりのお花の紹介。
今日の日の、今日だけの為のお花。


ハイジ_edited-1


実は・・・
外にいるこの子も
うらやましかったのか花かんむりかぶってます。
なにやらいつもよりうれしそう。


フェアリー_edited-1



披露宴のお花は
キャンディーカラーのブーケです。
お揃いのふわふわ花かんむりは、
プリザーブドフラワーで作りました。



ご依頼を受けた時、
私の中の裏テーマで
“森の妖精”にしようと思っていたので
まーなんとまぁこの可愛い姿を見た時は
『うん、フェアリー めっちゃふぇありー』
とつぶやきました。


ふぇあり2_edited-1




はい、ひいても可愛い。


ブーケ_edited-1



先日の写真では画像が悪かったので、
こちらにも前撮りブーケの写真を。
お顔入りのこの写真の一場面、
目をふせて花を微笑んでみているのですが
海外のウエディング写真集の表紙みたいなんです。



かわいいー
ずっとみていられるー





ご紹介といいますか、
可愛さ自慢ですね。


高砂_edited-1




これから続いていく
お2人の物語。




またお二人がいつでも思い出せるように、
このブログにしるします。







目配り、気配り、心配り

  • 2014年06月07日
image


今日出勤して、
お手洗いにいくと


むむ

image


素敵ー!
淡い〜!
かわいいー!


左側には、

image


裏庭に綺麗に咲いている薔薇の
ご案内が。


image



誰だ。
こんな粋なことするのは。

誰かは聞きそびれたけれど、
心配りの出来る人なんだろうなあ。



ということで、
今日は明日ハイジの村で執り行われる
結婚式の準備をしていました。
毎週言ってる気がしますが、
気のせいではなく毎週あるのです。



そんな今日の一場面を
あまりに可愛かったので
ちらりとご紹介。


image



スタッフ竹野が作ったブーケ。


image



真ん中の花弁のフリル感が素敵なバラは
ドラフトワンという
名前らしいです。
可愛い顔して、名前がいかつくて
そこもまたギャップ萌えです。


絶妙なサーモンピンクのグラデーションが
可愛らしく

ブーケもロマンチックで、
ラッピングもレースにこだわっていて
なんだかすべてがぴったりだわね。

ここにもいろんな心配りを見つけました。




花は気持ちを表すものだから、
気配り、目配り、心配りを大切に
したいなと改めて感じた
朝からほっこりした気持ちの1日でした。






Instagram

instagramID dolcevita0129

花はいずれ枯れてしまうものだけど、
気持ちを受け取ってもらえるなら、
思い出としていつまでも
その花を思い出すことができる。

そんな思いを胸に、
山梨より花の魅力を発信しております。


花屋さんの花にはとどまらず、
時を存分に楽しむ世界観を、
皆様にご提案いたします。

住所
〒400-0065 

山梨県甲府市貢川
1-5-63

TEL 055-227-5187  
MAIL info@koi87.com


●交通アクセス
最寄りの駅:JR中央線 
甲府駅からバスで15分

最寄りのIC:中央高速
甲府昭和ICから10分 約2.8Km

営業時間:9:00~19:00
定休日:元日をのぞき年中無休

記事検索
ギャラリー
  • 初夏のしつらえ
  • 好きを集めて
  • 小さな桃と可愛いお客様
  • 小さな桃と可愛いお客様
  • 小さな桃と可愛いお客様
  • 小さな桃と可愛いお客様
リンク

桔梗屋  ハイジの村

ハイジの野菜畑  マリエ・フローラル

森の中の水族館  フルーツ王国

水琴茶堂  ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ  黒蜜庵

ポモドーロ  イタリアントマトクラブ

権六  HEIDI'SGARDEN

Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑