Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑

甘い記憶の中には、すべてそこには花がいる。 contact...✉info@koi87.com

gift

  • 2014年05月31日
image



1番きれいな色ってなんだろう?

1番ひかってるものってなんだろう?

僕は探していた 最高のgiftを

君が喜んだ姿をイメージしながら


***

image


Mr.Childrenの“gift“という曲の歌詞なのですが、彼女からブーケを頼まれた日からずっとこの歌詞のような想いですごしてきました。


彼女はドルチェヴィータの元スタッフで、
私の友人です。



image



なにか彼女に似合う素敵な花はないかと散策した、ハイジの村でたまたま発見したブラックベリーの花。

深澤さんと見つけて感動するほど可愛くて、これは彼女にみせたいなと前撮りのブートニアにいれました。

image



自分が心動かされる花を集めて作りたい。
そんな気持ちだけでした。

image



閉店後、高砂席のセッティングをリハーサルしてみたり、とにかくイメージを繰り返ししながら、


image


当日の披露宴のブーケも作りました。


言葉であらわすのは
簡単だけど難しくて、
優しくて可愛いとか。
だけど、それだけではなくて、


このブーケのような子です。


***


最初の画像のブーケは、
結婚式前々日にハイジの村で撮影した
前撮り用のブーケです。



集中したくて閉店後つくったのですが、
どうも納得できなくて
つくっては1からやり直しを4回くらい繰り返した時、

ふと彼女に喜んでもらいたいという気持ちが強すぎて、お店にある素敵な色の花ばかりを集めていてちぐはぐなブーケになっていました。


なんども組み直した花を水につけて休ませた後、彼女に似合う花を集めたらびっくりするほどすんなりできて


素敵にみせたいという欲がまったくなく、つくったブーケは、彼女みたいに優しい色になりました。



結婚式の最後のエンドロールで流れたメッセージ。


夢を叶えてくれてありがとう。
という言葉で泣きました。


私に頼んでくれた一生に一度の夢を叶えなくてはと、ずっと強く思っていたので今もてる自分の精一杯で一つ一つ作りました。



でも大変なことは一つもなく、
夢を一緒に叶えていく行程は
ドルチェヴィータのスタッフと
これ素敵だよね、可愛いよね!と
いいながらその日を迎えるまで
とても充実していました。


***

バンビちゃんのミニフィギア。
式直前のセッティング段階で

高砂席の新婦席に置きましょうと、
花の木陰から顔をだして
「見守ってるよ」と。


こんな優しいスタッフに
囲まれて仕事が出来る自分にも
気付いたり、

なによりも
新郎、新婦様の大切な一日に
寄り添う花、

彼女が以前からよく
「みてホッとする花を作りたい」
という言葉を話していました。


披露宴の新婦様の持つブーケを
制作し、よしこの一本で最後にしようと、
新婦様側に一つ私からのgiftでスズランをいれました。

こうゆうことかと、
ひとの気持ちに寄り添う花。



この花の仕事をしてきて、
1番素敵な日でした。


本当におめでとう。
そして大事な一日を
私達に預けてくれてありがとう。



中丸









あなたとあなたの大切な人のために

  • 2014年05月27日
image



今日は今週末執り行われる
結婚式用ブーケの特訓をしました。


ご依頼は森のように
おとぎの国のイメージで。



今回使用した花材は草花っぽいものが
多いのですが、小さなバラももう少し
足して華やかさを出そうと思います。



新郎、新婦様のにとって
一生に一度の式。



今日自分が出来るだけのことを
したい。
昨日よりも上手になりたい。
そうしなければ
申し訳ない。


形がきっちり整列された綺麗な花よりも、
生き生きした花を新婦様に
もって欲しいなぁと
式の日まで、
あれこれ二人をイメージしながら
日々過ごしています。




中丸



梅雨間近 

  • 2014年05月27日
六月が近付くにつれ、なんだか空気がじめじめしてきたと肌で感じる今日この頃・・・。
梅雨の時季がやってきますね。
雨がたくさん降って、植物たちには最高な季節となります。
ですが、梅雨の雨は、雑草たちも育てるのです・・・。

なので、先日お店の庭の草取りをしました。
お庭には、バラやその他の植物も植えてあります。
いつもは、ハイジの村でバラの手入れをしているスタッフと、もう一人手伝いに来てくれたスタッフと私と三人で行いました。

庭の草取りをしながら、バラの手入れ方法を聞いたりと充実した時間を過ごしました。
普段は一人でするので、なかなか綺麗にならなかったのですが、やはり三人でやると早いですね。
いつも出来ないところまでできて、これで現状維持をしながら梅雨の時季を乗り越えられそうです。

そして、綺麗になった庭で、三人が綺麗に咲いたねと言ったバラがこちら。
NCM_0226


白とピンクのバラがいい感じに咲いてます。
バラの手入れをしてくれている方も、うまく咲いてくれてよかったと言っていました。
手をかけてあげると、植物はそれに応えてくれる。
管理は大変だけど、それが嬉しくてやめられませんね。

綺麗になった庭をご来店された際にはご覧頂けたらと思います。

Dolce Vita!~庭のあるお花屋さん~


いり





花の記憶

  • 2014年05月25日
先日、ブライダルのお花の準備をしていると
来るお客様みなさんに、

可愛いわねー写真撮ってもいいかしら?

と話かけられました。
ええ、もちろん花のことです。

image



デザインはスタッフ深澤です。
私も作りながら可愛いなあ〜
と心できゃーきゃーいいながら黙々と
明日の式をイメージしながら作っていると、

近くに結婚式の花を作ってくれるところがあると、思うと安心します。
そのときはお願いしますねとの
嬉しい声もいただきました。



ハイジの村、河口湖のハイジズガーデンでの
結婚式のお花以外にも、

ブーケ、ブートニア、花冠、会場装花と
ご注文を頂いています。



結婚式にまつわる花はとても多く、
こんなに花を飾るのはこの日一日だけかも。


多くの花一輪、一輪に
気持ちを込めて、
花が隣同士でささやきだすように、

そして、とても緊張しているであろう
新郎、新婦様の気持ちを少しでも
和ませる花でありますように。


image


ハイジの村でみつけたスイートピー。
とっても花の香りが強い品種です。


見つけたら体いっぱい
甘い香りを吸い込んで、
楽しんでみてくださいね。



Rose garden

  • 2014年05月17日
今日はハイジズガーデンで、明日執り行われる結婚式の装花の準備をしていました。



かわいいー!と心のなかで叫びながらつくった花の写真を、アップしたいのはやまやまですがやはり花嫁様に1番にみていただきたいので画像はまた後日。


*******


私の好きな花屋さんに、
フランスのau nom de la roseという名前の
お店があります。


au nom de la rose=薔薇の名のもとに
という意味で、
バラの花のみを販売しているお店。

外のディスプレイにも花びらをたくさん
ちらしてあり、
それはそれはロマンティックなんです。




むかーし、むかし
お世話になったホストマザーにバラの花束をとるんるん気分でもちかえったバスの中で、
ふとブーケが入った紙袋を覗いてみると、

花束のしたに、
敷き詰められた花びらと、
むき出しの一輪のバラの花びら。



感動して今でも鮮明に覚えています。




こんな感動的な演出を
今の私に思い出させてくれた
こちらのバラ。


image



お店の前に咲くバラ、
under the rose



どういう意味なんだろうと調べてみると、


image



秘密に、
なんてなんかこれまたロマンティック。
品種ごとの意味や雰囲気にあわせて、
鉢をプレゼントしても素敵ですね。




そして、
今日いらしたお客様が
ご自宅で愛情たっぷり育てられている
こんな素敵なバラをみせてくださいました。

image



土にはえてる花は力強くて、
綺麗だよ。
と大好きな先輩がよくいっていたな。
最近その意味が、よくわかるようになってきました。



ドルチェヴィータの庭も今、
薔薇を中心に
ジャスミン、宿根草と
生命力に溢れた花たちが
つぎつぎと咲き始めています。


明日はどの花が咲いているかな?


母の日を終えて

  • 2014年05月12日
image

春のいけこみ



私の通っている花の先生がよく言う言葉に、

〝花が歌い出すように軽やかにいけるのよ〟

〝一輪の花から物語が生まれるようにね〟

つくったものを師匠さんがとってくれるのですが、写真もまた花のように
写す人の世界観を如実に表しますね。

素敵だな。

*****


今回母の日をおえて、
昨年にくらべ、1.5倍のお客様にご来店
いただきました。
ご予約や配送を合わせると
もっと多いかもしれません。


売り上げが伸びたことも
嬉しいですが、
お客様の数が予想を遥かに
こえていたので、
そのことが何よりも嬉しいねと
閉店後スタッフで話していました。



作り手のスタッフが5人一日中フル稼動しても、
お待ちのお客様が多数でてしまいました。

お待たせしてしまった皆様
大変申し訳ございませんでした。



この店を選んでいただいて、
そのうえお待ちいただいて
ありがとうございました。




母の日は普段の対応の成績表だよ
と昔聞いたことがあります。

普段から喜ばれる、
次につながることをしていれば
必ずまた来てくださる。

そして、またあそこで贈ろうと
来てくれる。
母の日は特別な日だからね。

と。



スタッフ5人が花束、ラッピングなど
を作り続ける中
一呼吸して見渡してみると、
どれも素敵で

なにが他の花屋さんと違うのかな〜と、
猛烈に忙しい中考えていたんです。


で、わかりました。

〝芸が細かい〟
かつ
〝丁寧〟

でした。


image



スタッフ深澤が制作した花束。
急ぎすぎてぶれぶれな私の世界観。

つくってる最中に素敵すぎて
〝ちょ、ちょっと撮らせて〜!〟と
ラッピング前に
思わずとってしまいました。

山にあるような花で
というご依頼だったそうです。


まさしく、
花が歌い出すような
深呼吸しているような花。
私が大好きな世界観で、
また依頼もとっても素敵なご依頼。



ここのお店ならしてくれるだろう
と来てくださったのかな?

スタッフのファンも非常に多く、
ご依頼に忠実に
そして期待を上回る仕事ぶりに
一緒に働いている私も
さらに勉強しなくちゃと
気合いを入れ直しました。




やっぱり花屋の仕事好きだなと
感じた一日でした。



皆様のご来店
誠にありがとうございました。




DolceVitaスタッフ一同



母の日は明日です!

  • 2014年05月09日
明日に母の日をむかえる
ドルチェヴィータの今日の様子。


今日もたくさんのご来店ありがとうございました。



明日5月11日は、
いよいよ母の日です。


image



image



image



image



image



image



image
image



image



image



image



image

感謝の気持ちを花にして

  • 2014年05月08日
みんなにそれぞれお母さんや
お世話になった方がいるように、
贈り物もひとつとして同じものはなく、
様々なものを用意しました。


ニュアンスカラーの胡蝶蘭や、
アンティーク色の素敵なバラや紫陽花など、
ちょっと見かけないような珍しい花も
ありますよ。



image

庭の花たち






ここ一週間は、
昨年母の日に来てくださった方に
またあえる日でもあります。


どんなにお客様が多くいらっしゃる日でも、
母の日は1年にたった1日たったひとつ。
また来年もあえるといいなと
思いながら作っています。


今年は特に県外配送を承ることが
多く、大阪、横浜、宮崎、福島など、

以前 訪ねたことある土地を
配送伝票で見かけると
あんなに遠くまで、
この花はいくのかという感動と
私も特産物食べに箱に入りたいという衝動に駆られます。


ですが、
そういうわけにもいかないので、
代わりに母の日が終わったら
みんなで美味しいご飯でも食べにいこうと思います。





*****


当日は混み合い少しお待たせして
しまうかもしれませんが、
ひとつひとつ素敵に仕上げます。


併設された店舗ではテイクアウトできるコーヒーにお菓子、近くの山梨県立文学館の喫茶コーナーでは、朝ドラ〝花子とアン〟にちなみましてアイスアンコーヒーも楽しめます。


このアイスアンコーヒー。

飲みました?

アイスコーヒーのうえにソフトクリーム、
ソフトクリームとコーヒーの間に
なんと〝アンコ〟が溶け合いめちゃ旨なのです。


ぜひお試しあれ。


image

庭の訪問者



それでは5月11日、日曜日

感謝の気持ちを花にして、
世界にひとつだけの花をみつけて
くださいね。


Dolce vita
ドルチェヴィータ
055-227-5187





















母の日には

  • 2014年05月04日
image


新作

リバティの箱に入ったプリザーブドフラワー。



リバティの箱に入れば何でも可愛いのですが、リバティの絵柄には小花が多いので

小花の淡い優しい色合いを集めました。



見た人がのぞきこんだとき、
〝きゃー何これかわいい!〟
という声が心の中ででてくれたらいいな
と思いながら作りました。




力作のMother'sDay看板とか、
チラシとかカーネーションとか
あじさいや
植え替えしてた花壇とか
載せたいのは沢山あるのですが、
また明日。





リバティフラワー。
繊細につくりましたが、
画像がドデカかったらすみません。



母の日まで
あと一週間。


ジューンブライドとアルプスの花々

  • 2014年05月02日
フェア


ハイジの村 ブライダルフェアー卓上装花



はは





ハハナチュラル



Instagram

instagramID dolcevita0129

花はいずれ枯れてしまうものだけど、
気持ちを受け取ってもらえるなら、
思い出としていつまでも
その花を思い出すことができる。

そんな思いを胸に、
山梨より花の魅力を発信しております。


花屋さんの花にはとどまらず、
時を存分に楽しむ世界観を、
皆様にご提案いたします。

住所
〒400-0065 

山梨県甲府市貢川
1-5-63

TEL 055-227-5187  
MAIL info@koi87.com


●交通アクセス
最寄りの駅:JR中央線 
甲府駅からバスで15分

最寄りのIC:中央高速
甲府昭和ICから10分 約2.8Km

営業時間:9:00~19:00
定休日:元日をのぞき年中無休

記事検索
ギャラリー
  • 一輪の思い出
  • 一輪の思い出
  • 一輪の思い出
  • 一輪の思い出
  • 一輪の思い出
  • 一輪の思い出
リンク

桔梗屋  ハイジの村

ハイジの野菜畑  マリエ・フローラル

森の中の水族館  フルーツ王国

水琴茶堂  ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ  黒蜜庵

ポモドーロ  イタリアントマトクラブ

権六  HEIDI'SGARDEN

Dolce Vita! 庭のあるお花屋さん ハイジの野菜畑