2017年12月13日

クリスマスは突然に。

 

12月に入ってから一気に冷え込み、

今にも雪が降り出しそうなお天気が

続いています。

 

そして、この時期になると

冬の静けさとは一変して

街はキラキラと輝き、

人々は心を躍らせます。

 

きっともうお分かりですね。

Christmas(クリスマス) です

 

お店はクリスマス一色で

大賑わいです!

 

店前では、

様々な種類のポインセチアが

可愛い雑貨と一緒に

お客様をお出迎え。

 

 

キラキ輝くオーナメントと

 

北欧の民間伝承に

登場する妖精のトムテ。

小さな子供くらいの大きさで

赤い帽子をかぶり、

農家の守護神とも言われています。

 

毎年、沢山のお客様から

とても人気で今年もDolceVitaに

やってきました。

 

クリスマスリースは

今年もたくさん取り揃えています。

 

リースはその時期によって

顔や形を変えるので

作る私達スタッフも季節を感じます。

 

そのため、リースを

ギフトで贈られる方も多くいらっしゃいます。

 

リースをプレゼント、なんて素敵ですよね。

リースはいつまでも飾っておけますし、

飾ってあるだけでいつものお部屋とは

違った雰囲気を楽しめます。

 

クリスマスパーティー用の装飾アレンジ

 

テーブルにちょこんと置いて、

パーティーを華やかに彩り

いつもよりか少し特別なお食事に。

 

 

 

冬になると見て楽しめるお花は

限られてしまいますが、

違う考え方をすると

むしろ今しか楽しめないお花も

あるということになりますね。

 

ポインセチア、シクラメン、

その他にもまだまだたくさんあります。

 

今しか楽しめないこと、

今しかできないこと、

それを今、全力で取り組めたら

また新しいこともきっと楽しみになりますね。

 

そんなことも教えてくれる

お花が私は大好きです。

 

石原

 

 

 

2017年11月14日

お客様との出会い

 

 

木の葉も色付き、紅葉を楽しむ季節となりました。

お店の植物たちも少しずつ葉が色付いてきて、

毎日の観察もより楽しくなっています。

 

 

さて、ハロウィンも終わり店内は少しずつ

クリスマスムードへと変化していきます。

 

 

 

 

この仕事をしていると、様々なお客様と出会い

沢山の嬉しいお言葉を頂きます。

以前ご来店してくださったお客様は、

お取引先の方へお渡しする

小さい花束のご注文をくださいました。

 

私はいつも通りお渡しされる方のイメージを伺い、

お花を選び、ミニブーケを作成しました。

お客様も喜んでくださり、笑顔で帰られました。

 

 

その数日後、二度目のご来店をされました。

今回も前回と同様にミニブーケのご注文でした。

ブーケを作成中お客様が、

「この前のブーケ、お取引先の方にピッタリの色合いで

渡した方もとっても喜んでくれました。

本当にありがとうございました。」

と目を輝かせながら話してくださいました。

 

そしてその言葉に続けて、

「お姉さんと出会えてよかったです。

久しぶりに素敵な出会いをしました。

またお願いします。」

と言ってくださいました。

 

その嬉しいお言葉に対して、

「私もお客様に出会えてよかったです。

またお待ちしています。」

とお伝えしました。

 

 

私の作るお花でこんなにも喜んでくださったこと、

そして私自身へも出会えてよかったという

素敵なお言葉を頂けたことに

驚きと嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

 

お花を通して沢山の素敵な出会いができることへ

喜びを感じながらこれからも精進していきます。

 

 

 

坂本